我が家の旅行計画

私の主人は造園業を営んでいます。
冬は雪の為に木の枝が折れないように、雪吊りという作業をするのですが、12月に雪吊りの作業が終了すると、1月、2月は完全休業となります。

なので、これを機会にどこか旅行に出掛けたいと、最近計画を立て始めました。
それというのも、私は6月まで仕事をしていた為、休業の時期も平日に旅行なんて出来ませんでした。
長女も来年から小学生なので平日に休んで旅行が出来るのは、この1月、2月が最初で最後になるかもしれないのです。

行き先は、やっぱり子供の行きたい所が優先になります。
ディズニーランドかUSJにしぼられました。
どちらも平日でも混雑しているとは思うのですが、子供達は以前より行きたい行きたいと連呼しているので、主人、義母を、どうにか説得して、どちらかに行きたい と思っています。

主人が行きたくない理由は、我が家には年長の長女、年少の長男、3ヶ月の次女がいるので、今行かなくても、もう少し大きくなってから行けばいいのではないかと言うのです。

でも、そうすると、平日に学校を休んでまで旅行には行けないし、混雑時にしか行けなくなります。
ただでさえ、混雑が嫌いな主人が、混雑時に混雑する所へ連れて行ってくれるとは思えないのです。

旅行は毎回楽しみなのに、計画はいつも私が主人、義母を説得しながら立てないといけないので少し憂鬱になります。

ですが、子供達の念願の為に、また最高の笑顔を見る為に、この旅行計画を何としてでも成功させられるように頑張ります。

サエルクリーム

初のスノーボード

先日、スキー場で滑ってきました!
スキーは小さい時に、少しやったことがあったのですが、今回は初挑戦のスノボです。

まず、起き上がれない。
イメージにあったのは、かっこいい感じに横を向いて滑っている映像しかなかったので、びっくりしました。
起き上がろうとしては、転び、お尻を打ち・・・。

友人の勧めでお尻パットを履いていて本当に良かったと思いました。
私のお尻は守られた。

なんとか起き上がれるようになってからも、リフトに乗るなんて、もっての他で、地道に練習用コースを登ってはよたよたと滑る練習を3時間ぐらいしました。

しかも、滑り終わり立ち止まろうとすると、転び、お尻を打つ。
お尻パットを履いていても、ちょっと痛かったです。

初心者だし、こんなもんかなーと思いながらも、少しはかっこよく滑りたいと思い、なんだか久しぶりにできないことを一所懸命に練習するっているのを遊びの中でやりました。

友人にたくさん助けてもらって、なんとか最後にはリフトに乗って、滑り降りることができました!もう、本当に感謝です!
また来シーズンも行きたいな、もっと滑れるようになりたいな、と今から楽しみです。

そして、筋肉痛がとても痛いです。

息子が鞄をほおり投げ遊びに行きました。

15時半には小学校から帰ってくる三年生の息子は、玄関を開けるなりランドセルを玄関に投げ、遊びに行きます。

ただいまー、いってきまーす。
という調子です。
もちろん宿題もやってませんよ。
朝の送り出しからずっと会えず仕舞いです。

これでいいのか、心配になります。
丁度、三年生頃からは、友達との付き合いが濃くなる時期だそうです。

本当にそうです。
まあ、嬉しくもありますね。
昔の息子は私が遊ぶ相手へ連絡をとって遊びに連れていく。
というものでした。

まあ、一年生、二年生のうちまでですけどね。
三年生になると自転車で学区内なら自由に移動しても良い。
ということで、それからですね。

ちびっこ達が自転車を乗ってうろちょろするんです。
本当に危険です。
そんな、あるとき、そのちびっこ達の中に我が息子がいるじゃありませんか。

しかも乗れるようになったばかりなのにスピードを出して乗っているのです。
冷や汗ものでしたよ。

夜ご飯の時に言いましたよ。
いつもあんな感じなのか。
恐る恐るどこに行くのか。
すると、学区内ですが国道を横切るというじゃないですか。

それは辞めてください。
母が送り迎えしますから。
とお願いしました。
過保護でしょうかね。

ニ対二のデート

二対二でお見合いパーティーや紹介などで知り合った女性と遊ぶ事は前はよくありました。

例えば、ナンパで知り合ったカフェ店員さんですが、最初みんなでと言ってたので二対二と言う組み合わせが必然的に提案されました。

私がお笑い芸人、友人がマジシャン私がナンパした人はカフェ店員でその友人もカフェ店員でした。

カラオケで三時間パックとかして本当に盛り上がりました。
しかもあれは夜中だったと思います。

二対二だからこそ次の1対1のデートに持って行くことができたし本当に楽しかったです。

生まれて初めて二対二ができたのは2002年の3月くらいだったと思います。

お相手はお見合いパーティーで知り合った方とラーメン屋からのカフェからのカラオケ行きました。

私の車でどれも行きましたが、初々しい感じの女性との遊ぶ会は楽しくてすごくドキドキしていました。

友達の紹介で知り合った女性2人と私の友人で無国籍料理のお店へ行った時は本当に盛り上がりました。

2002年の8月でした。
当時は皆さん20代ですし、ヤングな話題で盛り上がりまくりでした。

二対二は単なるデートではあり得ない楽しさが満載だと思います。

私の第二の家族。

学生の時にアメリカに短期留学をした。
大学の留学制度で行ったので大学は休学という形にならなかった。

その留学で私は2家族の家に泊まる事になった。
最初の家は、あまり言葉を理解しない私にすごくイライラしているのがわかった。
そしてある日買い物に出掛けた時に私用の洗剤などのお金を出せと言われた。
私はその時出したが、後から考えると留学費用にそういった類いのものは含まれていると思った。
引率の先生に相談すると、先生も驚いておりホストチェンジを勧めてきた。
確かに私はその家族と合わないと感じてはいたが次のホストはもっと最悪だったらと不安だった。

しかし次の家族は最高だった。
私の事を本当の家族のように扱ってくれたのだ。
誕生日は盛大に、夜ご飯は一緒に作る、テレビも一緒に見るなどとても距離を近く感じた。
今でもFacebookや手紙でやりとりをしており、毎日のように思い出す。
次に会えるのが楽しみである。

ハマった物。

この前、頂き物のミックスナッツを食べていました。
6つくらいの小袋になっていて、色々な種類のナッツが入っている物です。
もともとピーナツ系は大好きなのですが、自分ではこういうものをあまり買わないので、もらってラッキー☆と思って食べていたんです。

1袋にはそんなにたくさん入っていませんが、なにせ塩気が強いので食べ過ぎには注意していました。
でも塩味ってどうしてあんなに美味しく感じるのでしょう・・・。
ついつい手が伸びてしまうわたし。
今まで自分で買って食べることのなかった物なのに、ハマってしまいました!
でもこれでは6袋もあっという間に終わってしまうと思い、袋を開けて、小ビンに入れることにしました。

ちょっと食べたい時に、ビンから何粒か取り出して食べています。
減る量が見えて、自分的には食べ過ぎ防止になっている気がするので、これならいいかな?と自己満足しています(笑)

気になるパンツ

一人での買い物ついでに、とあるパスタチェーンのお店で食事をしていた時のこと。

斜め前の席に20代位のカップルが来て、向かい合って座りました。

平日のお昼過ぎの時間帯で、2人ともカジュアルな服装だったから、学生さんなのかと思われます。

彼氏の方はなんとなく、昔のトレンディドラマに出てた頃の石田純一を思わせる雰囲気があり、
ちょっと古臭いんだけど、育ちはいいようなそんな感じ。

ちょうど目に入る位置にいるし、特に見るでもなく2人を見てたのだけど、ある事に気づいてから、がぜん気になるようになってしまいました。

ある事というのは、その彼氏が履いていたボトムスのことなのです。

結構、暑い日だったので、その彼氏は膝上くらいの長さのショートパンツを履いていました。

それはいいのだけど、そのショートパンツの素材が、ファーというかボアというか、ぬいぐるみに使われるような毛足の長い素材だったんです。

しかも色がレインボー。

トップスは普通にポロシャツだったので、その対比がとんでもなくミスマッチ。

内心「そのパンツはないだろう?」とぼやいたのは秘密(笑
それにしても私が彼女だったら、そんなパンツを履くのは拒否するところだけど、あの彼女さんは気にならないのかなぁ。

もしかしたら、私が古いだけで今の流行の最先端なのかもしれない?
っていうか、あんなパンツ履いてる人、他には見たことないけどどこで売ってるんだろう?
よそ様の彼氏の履いてたパンツ一つで、色んな事が頭をよぎった出来事でした。

夏休みも後わずか

長男の夏休みも残り2週間とちょっととなりました。

始まる前は、体力のあり余る長男、そして6か月の長女と24時間一緒・・・どうなることかと思いましたが、お友達の協力もあり、毎日楽しく過ごせています。

ですが、私、日中子供と一緒に遊びすぎて、子供の寝かしつけと一緒に寝てしまうことが多々。

全然自分の時間がとれておりません。

娘が生まれたので、ワンピースでも作ってあげたいなぁと思うのですがなかなか時間がとれず。

長男の夏休みが終わるまでには1着完成を目標に頑張ってみようと思います。

何よりも、4月から幼稚園に通い始めた長男のたくましさをこの夏休みに肌で感じています。

毎日のようにセミの抜け殻をあつめ、虫取り網を持って虫を追い掛け回しています。

私の体力はすでに長男に負けつつありますが、残りの夏休みも夏バテすることなく、楽しく過ごせたらいいなぁと思っております。

初めての一蘭

結婚するまでは、全くラーメン屋さんにこだわりも興味もなく、近所とかのラーメン屋さんにしか行ったことがなかった私を、色々な所に連れ出して食べさせてくれる夫。

今回は初めて『一蘭』さんに連れて行ってくれました。

食券を買うのはよくあるけれど、空席の案内板があるとはビックリ!
というか、何で空席の案内が必要なの?という疑問はすぐに解決。

個室みたいに仕切られている席にビックリ。

なんだか図書館の自習室思い出します。

夫と並んで座ると、テーブルにはオーダーシートが。

濃さやこってり度、麺のかたさなどがこれ一つで頼める!
これは便利。

呼び出しボタンでオーダーして、待つことすぐにラーメン到着。

細麺にこってり豚骨が美味しい!
あっという間に完食。

どんな量が来るのかわからなかった私は、替え玉の食券は買いませんでしたが、現金を用意して、箸の袋で追加オーダーも可能との事で、半替え玉をオーダー。

うちの夫は2度目の替え玉にゆで卵にキクラゲをオーダー。

冷静に考えると、なかなか高いラーメンになってしまうけど、それでもまた行きたくなってしまってる私。

仕切りで他のお客さんや、従業員さんにも顔も見られないので、好きなだけ替え玉も出来るから、特に女性でも行きやすいと思います。

極端な話、女性一人でも全く問題ないです。

あまり豚骨ラーメンは食べない私ですが、また近いうちに食べたいなと思うラーメン屋さんでした。

マラドーナになり損ねたメッシ

世界中が熱狂したお祭りワールドカップブラジル大会は、ドイツの優勝で幕を閉じた。

出場代表メンバー11人中7人を同一の国内クラブ・バイエルンミュンヘン所属の選手で固めたドイツは、その緊密な連携、スピーディーなパス回しと阿吽の呼吸の絶妙さを武器に頂点についに登り詰めた。

準優勝に終わったアルゼンチンだが、スーパースター・メッシを擁し堅い守備と、ここ一番でのメッシの活躍で決勝まで上がってきた。

かつて1986年のメキシコ大会が「マラドーナのマラドーナによるマラドーナのための大会」と言われたが、今回のブラジル大会は、それを髣髴とさせ「メッシのメッシによるメッシのための大会」になるのではないかと、世界中の人々に大きな期待を抱かせた。

スペインのバルセロナに所属し、クラブではバロンドール4回も手にし、もはや手に入れていない栄光はワールドカップだけのメッシ。

今回優勝すれば、文字通りのマラドーナ超えは確実だったが・・・ドイツのゲルマン魂がその野望を打ち砕いて祭りは終わった。